いい天気♪

今日もいいお天気です。

朝から、洗濯を二回して、お風呂も掃除して、布団も干して・・そして学校のボランティアに行ってきました。
今学期最初のグリーンボランティアですが、ほんとまさに園芸作業日よりでした。

家のベランダのこともしたかったのですが、それは昨日少しすませていたので、一日休んでもいいかな?と。
急ぎで植えつけないといけないコルチカムを植えつけたり、去年の金魚草のこぼれだねが芽を出したので、それを植えかえてみたり。
秋の種まきがまだできていないのですが、この3連休に・・・なんとか暇を作って出来たらいいなと思っています。

ボランティアも、人が少なかったのに、やりたいことは多かったので、やや時間オーバーで、家に戻ってきたら12時を回っていました。
楽しかったので、あっという間でした。(^^)

次回は仕事で行けそうもないのが残念です。追加で増えたらいいのにな。

さて、昨日も、日中は家のことが色々出来ました。
衣替えも終わったので、また急に寒くなっても大丈夫です。
夕方からはお出かけでした。

ライブです♪
久しぶりのツアー初日参加です。八王子とあったら、行かないわけにいられなくて。
先行発売は知らなくて申し込めず、一般は5分で繋がったものの完売で、運動会の日に立ち見席が発売されたので、ようやくそれでチケットが取れました。
仕事は休みにしておいて良かった(^^;

立ち見なんておそらく初めてなので、大丈夫だろうかという不安はありましたが、今日も朝からボランティアに出かけられるぐらい元気で、意外に大丈夫だったみたいです。

立ち見席のチケット引換があったので、開演が18時半なのに、17時に会場へ行かないといけません。
せっかく近い会場なのに、出発は少し遠い会場と変わらない感じです。
チケットを引き換えた後は、ぎりぎりまで一人、どこか座れる場所で時間を潰していようと思っていました。
でも、グッズを買いに早く来た友達と、一緒にお茶できることなって、軽く食事もしつつ、開場まで過ごしました。
おしゃべりしていたら、長いと思っていたのに、あっという間でした。

さて、ライブ。
立ち見は1階の最後列と同じ列でした。
早かったので、どこでも陣取れる感じで、逆にどこがいいのかうろうろしてしまいました(^^;
PA席の後ろとかも考えたけど、逆に気になってしまいそうで、あえて一番端を選んでみました。
これが正解でした♪
開演間際に、ようやく席がうまって行きましたが、ちょうど前が小学生か中学生ぐらいの女の子だったのです。
背の高い人とかだったら良く見えなかったと思うので、ラッキーでした。
おかげで、三人がよく見えました。
ホールは府中より奥行きがない感じがしたかなぁ? なので、ステージが思っているより近かったです。

ここより、ネタばれです。

始まりは、「WILD BAHN!」でした。
続いて、もう??って感じで、「夢よ急げ」「AFFECTION」
好きな感じの曲が続いて、嬉しいオープニングです。

MC・・幸ちゃん
「始まりました秋ツアー、初日は久しぶりの八王子です。
このまま年末まで、やっていきたいと思います」
みたいな挨拶で、次の曲へ。

イントロでわくわくする、「WIND OF TIME」なんだか久しぶりに聞いたような、そうでもないような。
これもちょっと今の時代にもあてはまる曲だなぁ・・と思ったり。
こういう曲ばかりかしら?
と思ったら、次は「Let It Go」。
シングル買っていないので、サビに来るまでいつも何の曲だかわからない・・・今から買うか悩む(^^;

そして「SWEAT & TEARS」。
もうここできちゃうの??って感じでした。

そしてMC。
幸「はい、始まりました秋ツアー。八王子は本当に久しぶりです。いつ以来だろう?
昔の市民会館では、手品師と一緒にやったこともあったような。楽屋とかは覚えています。
ここはいつできたのかな? 3月?(私はもっと前だと思っていた(^^; まだ半年だったのかぁ(汗))
新しくていいですね。トイレもきれいです。
(サイドの席を見ながら)そのあたりも眺めがいいんじゃないですか?

さて、ここでは、○○の秋というテーマでお話したいと思っています。
この方は何の秋でしょうね。芸術だけはないと思います。桜井さん~!」
桜「お久しぶりです。お元気でしたか?」
幸「ほんと久しぶりですよね。この間、単なる先輩としている番組にでも出て頂きましたが、夏の間何していたんです?」
桜「番組にメールした人いるでしょう!? もう(--)#」
  「この夏は大変でしたね。暑くて寒くて。いきなり寒くなった時があったでしょ? あそこで気が抜けて・・・どこから抜けちゃうのてじょね」
幸「抜けちゃったんですね?」
桜「そう、抜けて・・・この秋はこんな話はやめようと思っているんです。もっとこう、ダンディ?に・・・。
 で、秋ですよ、私の秋は芸術です。いいですよ? 美術館。
 国立博物館とか、混んでいる所はダメですよ? 人気のないさびれた所がいいんです。冷房もきいていて、一日いられます。
 そのうち、こう絵が語りかけてくるんですよ」
幸「え? 口があるの?」
桜「違いますって、こう・・・」
幸「じゃあ鼻から?」
桜「いやいや・・だから、気がつかないで素通りしちゃう人と、気付いて判る人がいるんです。私は前者でしたけど、今は違います。道端の花なんもですね。こう語りかけてくるんですよ。だから、頑張っているね!とか声をかけながら歩いてみたり・・」
幸「怪しい人と思われていない?」
桜「多分・・」

↑これより前だったかな?
幸「そういえば、今日がアルフィー初めての人っています?? あ、いますね~。
それじゃ、今日が初日っていう人は?(全員はーい!)」
桜「当り前でしょ? 私たちだって、今日が初日ですよ。よく判っていないんですから。大体、昨日とやっていることが違うんですよ? 俺はメンバーと思われていないんじゃないかと」
幸「そんなことありませんよ」
桜「きょ、今日・・」
幸「桜井さんあってのアルフィーです!」
桜「久しぶりだなぁ、持ち上げられるのも」
桜井さんが何が言いたかったのか、気になるけれど、丸められちゃって判らなかった(^^;

幸「芸術以外には? 飲酒の秋?」
桜「それは一年中です。アルコール漬け。普通は中につかっているけど、体の中がアルコール。って、年がら年中飲んでいると思っているでしょ? (客席うん!) ・・・その通りです(--;」
 あ、他に読書の秋とか!」
幸「何読んでいるの?」
桜「太宰治 人間失格。走れエロス」
幸「走れメロス! この方は何の秋でしょうね。高見沢さん!」

高見~登場。
幸「走れエロスだって」
高「字なんか読むわけないじゃん。(手をぐーーーーっと伸ばして本を見るポーズ)」
桜「今はいいのがあるんですよ! 良く見えて電気もついちゃうやつ。・・字が見えるからと言って、読めるわけではないんですが(爆)」
幸「読めない漢字ばっかりなんでしょ。高見沢は何の秋?」
高「天高く馬肥ゆる・・というように」
幸「食欲?」
高「でもそれは年中だから・・・創作の秋かなぁ。色々やりたくなります」
幸「どんどん書いてよ。作ってよ。次のアルバム10枚組とか」
高「いや、今から作るんだから・・・あ、判った。秋といえば文化祭で、皆もあるでしょ? コピーバンドで、アルフィーの曲やって、こけちゃったりすること。意外に難しいですからね。ない??」

なんか、いろんなおかしな話が出ていたのですが、王子の「ばか」発言はどこだったかしら。
もう笑いすぎて、記憶がないです。

そんなこんな流れから、
幸「僕たち二人は、小学生の頃からビートルズの影響を受けていて・・・
桜「俺は?」
幸「あなたは違うでしょ? 来ているの知っていても、知らなかったでしょ。僕たちは次のアルバムがどんなだろうって、楽しみにしていた最後の世代なんじゃないかと思います。そんなビートルズに敬意を表した曲です」

コピーかな?と思ったら、
「リバプールから遠く離れて」でした。
続いて、「もう一度君に逢いたい」に。

そして「ひとりぼっちのPretender」!!
やばい。秋は聞きたい曲だけど、これするんだ~。
なんか、一人暮らししていた時に聞いていて、すごくシンクロしてしまう。
秋の夕暮れとか宵のイメージですよね。秋ツアーでよくするからかもですが。
ここで一気に秋モードだ・・と思ったら、次は「雨の肖像」。
イントロで倒れそうでした。
刹那すぎる。このままもう一曲たたみかけられたら、ここのためだけに秋ツアーもう一本増やしてもいいかもと思ってしまうくらい好きなパターンかも。
ピアノ、頑張っているなぁ。ただすけくんではお初ではないかしら?なんて聞き入っていたのに・・後で暴露されてましたね。

この後、ソフィアとか、FAR AWAY、Kitto・・もしくは夢の終わりに(これは春の朝の感じだから、ちょっと違う??)辺りが来たら、たまらない~!!と思っていたら、MCでした。少しがっくり。
思いつかなかったけれど、他にももっと秋のしっとりした感じの曲、ありますよね。(Complex Blueはなしで)

MC 王子。
「久しぶりにひとりぼっちのPretenderと雨の肖像をやってみました。
雨の肖像は難しい曲で、ただすけなんて、リハーサルで一度も出来たことないと言っていましたが・・・今日はどうだった?
あれ?隠れている。後でスタッフに確認して、お仕置きだな。といいつつ自分も一拍遅れたりしました。
ライブで一度もちゃんと出来てないってことか?(^^; それがライブの良いところでもあります。
Pretenderは、なんかこう、共感してしまうんだよね。自分で作っておいておかしいかな。

この2011年は、皆にとっても忘れられない年になるのではないかと思います。
恒例の春ツアー、恒例の秋ツアーが出来ないかもしれないということ。色々、考えました。音楽に対する思いも変わりました。
何かをしたくても出来ないもどかしさを思ったり。
そして、この国の人たちの強さもすごく思い知った年でもあります。絶対に、・・・・・・復興していくと思います。」

・・・春のツアーの時にも話していたことを、さらに深く、話してくれたように思います。
自分たちは微力だと言っていましたが、そんなことないです。
ずっと続けて行くこと。やっぱりとても大変だと思うので。

「この秋も今日から始まったので、年末まで走っていきます。
皆がどうして選んでくれたのか、僕たちには判らないけれど、・・・音楽であったり、お笑いであったり、って、そこで頷くなよ、謙虚に言っているんだぞ。」
なんて、段々くだけてきて。シリアスな話だと照れるのかな?
きれいにまとまるかと思いきや・・・。もう。

「もしも、仮にだよ、ないんだけど!・・・いや、本当にないんだけど、もしも。
アルフィーがなくなったら、皆は・・・
きっと今より、腕をあげることがなくなると思います。肩の運動のためにも、続けていきたいと思います」
なんか、本当はもっと違うことを言いたかったのでは?と思ってしまいました。
心に穴が開いたようになってしまうと思うので、ずっと、そんな「もしも」は来て欲しいくないです。

「いつも君がいた」
「孤独の影」「AUBE-新しい夜明け-」
孤独の影から、AUBEへがすごくいいな・・・と。
夜から朝に変わっていく感じで。AUBE自体も久しぶりですよね。
このまま、JUSTICEとかしてくれたらいいなーと思ったら、次は「DNA Odyssey」。
嫌いじゃないけど、次に続く曲を思ったら、HEART OFでも~なんて、しつこく思ったり。
抜けるような青空を思い出させるような曲。AD.1999もいいなぁ。
DNAは途中の照明が激しかったかも? そんなにここで激しくしなくても?と思ったのは、経ち続けて疲れてきたせいかもしれません。

次は「Neo Universe PARTⅠ」。
そして、「ALWAYS」。
この曲、ツアータイトルだから、絶対するだろうとは思っていましたが、どうしても夏イベを思い出してしまう(^^;
そして、今回も、同じ部分でふいに途切れる。
でも、ちょっと様子が違う・・・。
なんか苦しそうで、こちらも息を止めて見守ってしまいました。
咳き込んだ後で、ようやくラストを歌いあげ・・・。
本編が終わりました。
客席のは・・きっと聞こえていたと思うと、なんだかやるせなかったです。

今日になって、某所で書かれているのを見て、悔しかっただろうなぁと思うと、悲しい感じです。
次のライブで、雪辱を?晴らしてくれることと思っていますが。

アンコール1。
いきなり「Blue Age Revolution」で始まりました。
これも久々に聞いた感じがします。
続いて「恋の炎」。
幸ちゃんが出てきてくれるのは嬉しいのだけど、たまには「Girl」でもなく、これでもない別の曲が聞きたい気持ちも。
もっとハンドマイクの歌があったらいいのに~!
そしてノリノリのまま、「Stand Up, Baby」。
この頃には、上着も着ていなかったのに、暑くて汗が(^^;
立ち見席、隣とか気にしなくていいから動きすぎたかもしれない(^^;

メンバー紹介があったのはここかな? 王子の「まだまだ行くぜ~!メタルで行くぜ~!」で、本当にメタルになってしまうのかと思ったら、「君はパラダイス」。
ここがお笑い?コーナーでした。
ちゃんと聞きとれなくて、あいまいですが、大体こんな感じ。
幸「今日からスタートした、妄想ラジオ?テレビ?のコーナーです!
司会は私、坂崎幸之助(となんか違っていたような)、アシスタントはこっちとそっち?です。
では、はがきの紹介はまずそっちから」
高「八王子在住の小学生からの質問です。
「桜井さんに質問です。 お酒を飲んで、女の人に手を出しちゃったことはありますか?」
桜「記憶にございません! 意識がありません!」
高「僕は大人になっても桜井さんと一緒にお酒は飲みたくありません」
♪シャラララ・・シャラララ桜井まさる~

幸「続いてこっちが紹介」
やたらでかいはがきが登場。王子、大うけ。
桜「東京都在住吉田太郎から、幸ちゃんに質問です。取れるって本当ですか?
「最近のは性能が良くて・・違う!」
「むれないってききましたが本当ですか?」
「違うって!」
♪シャラララ・・むれないよ~シャラララ坂崎の頭髪~

幸「最後は高見~への質問です。
八王子在住のOLさん。秋ですね。高見沢さんは何をしたいですか? 私は高見沢さんと○○○がしたいです。○○○。何だろう?? 三文字です」
桜、幸ちゃんに耳打ち。
幸「言えないなぁ~」
王子も耳打ち。これまた幸「言えないな~。何でしょうね。何があるかな」。
高「あ、判った! デート!」
シャラララ・・やりたいよ~ シャラララ高見~とデート!
で、また歌に戻って、あっという間に次の曲「星空のディスタンス」へ。
でもマイクスタンドは一つのままだったので、星ディスは、そのまま真ん中で顔を寄せ合って。
なんか、寄せ合いきれないで、一人背中合わせだったりする王子がツボでした。
そして、まだ三人コーラスなのに、どっか行ってしまったりしている所も。

アンコール2。
王子のMC。
「今日は個人的に悲しいことがありました。
スティーブ・ジョブズ氏が亡くなって・・尊敬?している人でもあり、同世代ということもあって、ショックでした。
誰かが言っていましたが、100年後には、現代のダヴィンチだと言われているかもしれない人だと。僕もそう思います。
今回のツアータイトルはALWAYSです。
ALWAYS。
僕にとってのALWAYSは、ゴジラだったり、色々ありますが、二人もそうです。
もうずっと、10代の頃から一緒にいるので、いないのは考えられないかな。
皆のALWAYなものが、アルフィーだったら嬉しいと思います。

僕たちにとって、ライブを続けて行くことがプライドだと思います。
このまま年末まで走っていきます。本当にありがとうございます」
もっと色々し話していましたが、記憶が・・。
久しぶりにこの曲を歌いたいと思います。
って言うので、PRIDEやMUSICIANか・・なんとなくその辺りの曲が来るのかと思っていたら!

「夢の終わりに」。
暗い中に満点の星のセットは、イメージとは違うので新鮮で奇麗でした。
すぐに淡いピンクやオレンジの光が入ってきて、歌のイメージと重なって喜びもひとしお。
この英語のコーラスがたまらなく好きなので・・・一回フライングしたのは見逃してもいいかな?
この曲聞いたの、中学の時だったなぁ。AGESにはびっくりしたんだっけ・・。
それを言ったら、さっきの星ディスの時は小学生の時だし・・・まさか約30年後に同じ曲を聴いて、手を叩いて拳を上げているなんて、当時の私は想像もしていなかっただろうな、なんて考えだしたら可笑しくなってしまいました。
思い出に浸りつつ??、このままずっとエンドレスに聞いていたい~と思っても、次の曲。
幸ちゃんのブルースハープで、えええ?!
まさかな感じの「夜明けのLANDING BAHN」。
わーーー。なんか嬉しい。それ以外の言葉がない。
今回のツアー、夜が明けるイメージの曲が多いかも・・と本編で思っていたのですが、アンコールもだ。
もう一曲、ラストにあるかと思いましたが、これが最後でした。
盛り上がる曲で終わるのも久しぶりな感じです。
なんだか、また明日も頑張ろうって、思えるような終わり方で嬉しい。
あ、ラスト二曲が王子なのも嬉しい理由なのかも。

3時間以上、経ち続けでしたが、全然苦にならなかった初日でした。
参加できて、本当に良かったなぁ。
次は来週末のフォーラムです。
まだそんなにセットリストに変更があると思わないですが、どうかどうか好きなあの曲たちは変わりませんように。
二ヶ月後に武道館で観るときは、きっと別物に熟成されていそうです。

と、長くなってしまいました。
MCの内容などは、私の言い回しに変えていたり、うろ覚えなので、話している場所も違うと思いますが、大体の雰囲気だと思って下さい。誤字脱字もすみませんm(__)m

久しぶりのライブレポでした。最近UPしていなかったから、ちょっと驚いた人もいるかも?(^^;
失礼いたしました。

さて、明日から三連休ですね。
今日は午後に買物にも行ったから、それはしなくていいとして・・。
明日、明後日の子供の試合、中日の自分の仕事と、最後は学童祭りを乗り切ってこようと思います。
毎度のことながら、せっかくの連休って感じがしないのが悲しい所です(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック