三連休

今日も暑い一日でした。

先週からの暑さといったら・・・・生きているのが精いっぱいな感じで、我が家としては珍しく、連日クーラーのお世話になりっぱなしでした。

今日は、少し湿度が低く風があったので過ごしやすく、エアコンを使用しないで済んでいます。
こんな日が続いてくれたらいいのになぁ~。

さて、気がつけば社員旅行から一か月以上が過ぎ・・・今週末には子供の一学期が終わり夏休みが開始です(@@)
日々、あまりの忙しさに、ゆっくりパソコンにむきあえないのが悲しいですね。

かなり時間が経ってしまいましたが、社員旅行の話を少し。

今年の行先は、バリ島でした。
直行便で、11時頃に成田発で、バリ島には17時半頃到着しました。
驚いたのは、暑さ!
空港の建物から出た瞬間に、あまりの蒸し暑さに、汗が止まらない。
天気予報などで、ある程度覚悟はしていましたが、これが三日間??と思うと、それだけで倒れそうでした。
しかも日が暮れていてこの暑さということは、日中なんて出歩けないかもっ。

それはさておき、到着日のスケジュールは、ホテルに移動して、そこで全員で夕食を頂くことのみ。、
そのホテルの食事の段取りには、出発までに色々あり、とても大変&見るまで不安でしたが、その心配は無用でした。
連れて行かれた場所は、海辺(本当にすぐそこが海!)で、素敵にセッティングされたテーブルと、食べきれないぐらい豪華なお料理が出てきて、それまでの苦労はいっぺんに報われた感じでした。

ホテルの部屋も素敵でした♪ 夜中?明け方?には、ヤモリの鳴き声が聴けましたよ。

翌日以降は、終日フリーなので、皆事前に申し込んだOPツアーなどに出かけたり、個人で散策したり。
私はゆったりしたい~ということで、エステに行ってきました♪
開始まで少しだけ時間があったので、ホテル周辺を散策して、ちょっとだけショッピングもしました。
コンビニやミニストアみたいな所には、必ずと言っていいほどお土産ものコーナーがありました。そして安い!
初日だから、今からたくさん買い込んではいけないと、セーブしてしまいましたが、その後、ゆっくり買い物する機会が少なかったので、そこで買っておけば良かったな~と、後悔も。

エステは、高級リゾートホテルのスパで、入口からして奇麗だし、ロビーもゆったりしているし、ウェルカムドリンクも、美味しくて♪
そこから連れて行かれたスパ用の離れ的お部屋も、プールなどもついており、どこをとっても豪華でテンションあがりまくりでした♪
マッサージも、一人に二人がかり! 同時に上半身と足のマッサージをされるなんて、どこに意識を集中していいのやら(^^;
前日までの疲れと、あまりの気持ちよさに、途中で寝てしまいました。
初体験の額にオイルをたらすシロダラも気持ち良かったです。
途中のフラワーバスだけ、一緒に行っていた人と二人一緒にどうぞと言われて、ちょっと困ってしまいましたが。
どう見ても、一人用のバスタブ・・・時間の制限?もあるのに一緒には入れず、交代で入ったので、ゆったり~とは出来なかったです。そこで飲みなさいと出された生姜茶も、とても美味しかったのですが、あまりにも熱くて、これまたすぐには飲めず、片手にカップを持ちながら、お風呂に入り、どうしたらいいの~?状態でした。
後から思えば、そこは焦らずゆったりしていい時間だったみたいなので、次回があれば、もっとゆったりしたいと思います!

その後は、フェイシャルに。
頭蓋骨もぐいぐい押されて、なんだか顔が一回り小さくなったような気分です(笑)
フェイシャルをした後は、再びシャワーや顔を洗ったりする支度はなく、終わりだから着替えをどうぞと。
フェイシャルのパックは、コットンでふき取っただけなのですが、それがどうも普通らしいです。

エステの時に、少しの間だけ(服を脱いでから、ベッドに行く間だけ(^^;)サロンを着たのですが、その着方がとても可愛かったので、これはぜひお土産にしなくては♪と。
夏場、家でこれ一枚で過ごしたら楽かな~と思っていますが、7/15現在、まだ実行には移せていません。

エステからホテルに戻ったら、その次は夕方からのOPツアーに出発です。
これは絶対見たいと思っていたケチャダンスと、ウルワトゥ寺院の観光です。
島の先端の端の方から、反対側の端の方への移動だったので、平坦な海沿いの道と思っていたら大間違いでした。
すごく高低差があって、一山二山越えて行く道のりでした。そしてついた寺院は、絶壁の上に建っていました。
見晴らしが素晴らしい! 思わず感嘆・・・・。
寺院を一巡りしたら、ケチャダンスの劇場?へ。
野外なので、雨天時は中止なので、本当に晴れていて良かった。
私たちが着いた時でも、席は大体うまっていて、固まって座れるかも怪しかったに・・・・
ショーが開始する頃には、ここまでも??というぐらい、人で埋まっていました。
ケチャダンスは、想像よりずっとずっと楽しくて、面白かったです! 見られて良かった~♪
劇の途中から、時々照明が暗くなる時に、星がたくさん出ているなぁと思ってはいたのですが、終演後、駐車場に向かうまでが本当に真っ暗で、そこで空を見上げると、ものすごい星が!
天の川も見られました。 南十字星は、見えているはずですが、どれだか分らなかったです(><)
もう少しちゃんと調べて行けばよかったなぁ。

この日、ものすごく満足してしまったので、私的には旅行はここで終わりでもいい!という気分。
この後、シーフードの夕食を食べに行ったのですが、それはなんだかもうおまけな感じ。
海沿いで飛行場を始めとした夜景がとても奇麗で、料理も美味しかったです。

翌日は、ホテルの移動日です。
移動のついでに、朝から夜までびっしり観光するOPに出かけてきました。

晴れていたらしんどいかな~と思っていましたが、バスの時間が長かったり、途中から曇ってくれたので、そんなに疲れないでいられました。
有名な観光名所を一度に見てきました。
ゴアガジャ、ティルタウンプル寺院、テガララン、ウブド王宮&市場、タマンアユン寺院、タナロット寺院。
途中のテガラランでお昼を頂き、最後のタナロットで、時間が予定より早かったので夕食もとることになり、ホテルに到着したのは、21時過ぎだったかな。
この日もまた観光は満足♪でした。ショッピングは、時間が足りなくてあまりゆっくり出来なかったので、そこだけ物足りない感じです。
タナロットで夕焼けが見られなかったのも、残念といえば残念でしょうか。

翌日は、最終日です。

夕方からのエステのみで、日中は買物へ♪と思っていましたが、前日から病人が発生し出し、この日も朝から具合が悪い人が・・・。
男性は、病院行きになりましたが、女性はそこまで悪くないというので、チェックアウトまで部屋で様子をみることに。
様子を見たり、夕方からの予定を変更したりでばたばたになり、結局午前中は出かけられずに、そのまま出かけないでもいいか??とも思ったのですが、買物が全然足りないので、チェックアウト間際に、後は任せて買物に出ることにしました。
この日は二日目と同じぐらい快晴で、外に出た瞬間に汗が止まらない!
行きたい場所まで行けるか不安になりつつ、とにかく歩きました。
途中のショッピングモールなどで涼めるかと思いきや、建物に入っても涼しくない・・逆に止まった分汗が出て来るので、仕方なく、とにかく頑張って目的地まで行くことにしました。
気になる建物などは、帰りに写真に撮ることにして、30分ほど歩いて、目的のショッピングモールに着いた時には、もう暑さと疲れで倒れそうでした。
ショッピングモールを一周回って、戻る前に少し休んで軽く何か食べようと、スタバに寄ったのですが、一度座ってしまうとダメですね。
もう歩きたくなくなってしまって(^^; でも帰らないといけないので、頑張ってまた来た道を戻りました。
相当疲れていたからか、もう一か所寄ったショッピングモールでは、買っておきたいものも、なんだかいらない気分になってしまったり・・・。暑いと思考能力が本当に低下するのですね。手当たり次第買いだす方向に走らなくて良かったのかな?

夕方からのエステ出発時間、ぎりぎりにホテルに戻り、今度はスーツケースも持って移動です。
スパから直接空港へ行き、帰路になるのです。
帰りも直行便ですが、夜中の0:00過ぎのフライトなので、ホテルチェックアウト後は、スパなどで出発までの時間を過ごすことが多いそうです。(昼間の汗も流せますし)
この日のスパは、二日目のエステよりリーズナブルなので、豪華さはありませんてしたが、それでも4時間、たっぷり施術してもらい、昼間の疲れがとれました。
結構な距離を歩いてパンパンだった足も、すっきりです。これなら帰りの7時間のフライトにも耐えられる??
そしてボディマッサージの最中は、やはり眠ってしまった私です(^^;
スパの後は用意してあった軽食を頂きました。4日目?にして、初めてナシゴレンを食べた私です。
すごいか辛いとかはなく、普通に美味しかったです。ホテルのブッフェでも食べておけば良かったな。

空港には私たちのグループが一番乗りで到着して、皆を待ち・・そこでもまた1ハプニングありましたが、全員無事に、翌日の9時前に成田に到着しました。

幹事としては大変でしたが、個人としてはすごく楽しかったバリ島でした。
また買物とエステをしに行きたいなぁ~♪


帰ってきてから、毎週末予定があり、ようやくこの3連休で、自分の時間が持てたようなそうでもないような。
来週以降の予定が、まだ頭に入っていないのですが、ブッキングがないことを祈りつつ、明日からの仕事を頑張ってきたいと思います。

夏、始まってしまいましたものね。毎年行っている夏支度など、思い出しつつ・・・
子供の宿題以上に、やり残しがないようにちょっと気を入れ直したいと思います。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック