立秋を過ぎて

今日もとても暑い一日でした。

ここ数日の暑さといったら! 先月に続いて、我が家もクーラーなしではいられない状況です。

少し前まではまだ過ごしやすく、この夏は乗り切れるかも??なんて思ったのは甘かったようです。

さてこの夏も、子供は合宿にキャンプにと忙しく、私も仕事があるので、家族で出かけるのは難しいかもと思っていたのですが、でもずっと旅行らしい旅行に出ていないので、思い切って、夏休みに入ってすぐに、北海道まで行ってきました。

そろそろ子供を飛行機にも乗せてあげたいな~と思っていたのです。
そこで、行き先を沖縄か北海道のどちらがいいか、子供に聞いたところ、北海道!との答えだったので、私自身も初めて北海道へ行くことになりました。

色々ある中からどれにするか散々悩み・・・結局、選んだのは、この一番いい季節に行くので、花をたくさん見られて、温泉にも入って、そして自然も満喫できるツアー♪でした。
なので・・・いつ行っても良い? 函館や札幌や小樽、動物園には全然行かないという、子供向けではないツアー?でした。
リゾートホテルにも泊らないかわりに、乗り物は色々乗れます♪

東京もやや涼しい日が続いた7月後半に出発。
ゆったり出発だったので、初日は、2時ぐらいに帯広空港に着き、そのまま紫竹ガーデンへ移動。
やや曇っていましたが、道中から見える圧倒的な広さの畑などに感激。畑も色んな種類があり、何が植えられているのかを見ているだけで楽しかったです。
画像


























画像
































紫竹ガーデンは、春から夏の宿根草などの花が、たくさん咲き、まさに見頃を迎えていました。
すごく素敵で、写真を撮りながらうきうきと歩いていたら、突然足に激痛が。
何か刺さった??と、足元を見たら、オオスズメバチがたかっている(@@)
足にいる一匹だけでなく、まだ周りにも飛んでいたので、慌てて添乗員さんのいる入口まで、激痛の走る足で戻りました。

来たばかりで、すぐ病院に直行しなくちゃいけないの?! しかも北海道で死亡とかあり得ない~と、青くなっている私に、ガーデンの方や添乗員さんは、私たちも刺されたことあるよ、とりあえず冷やせばいいわよと、氷を用意して冷やしてくれました。
それでいいのかな? でも、刺されても死なないで生きている人たちがいるから、大丈夫なもの??と思いつつ、集合時間までそのまま足を冷やしていました。
それにしても、痛い。こんなにすごいとは・・・・(T_T)
しかも前触れなく刺されると思っていなかったので、本当に驚きました。それまでオオスズメバチの姿は見かけていなかったのに・・・黒靴下がいけなかったのかな。
他にも同じツアーの人はたくさんいたし、子供でなくて本当に良かったと思いつつ、奇麗だった紫竹ガーデンを後にしました。


この日の予定はお庭見学の後は、お菓子の工場に寄るだけだったので、その工場に寄った所で、タクシーでやはり病院へ向かいました。
予想はしていましたが、病院でも痛み止めの薬と塗り薬が出たぐらいで、特に注射をしたり、検査をしたりなどはありませんでした。アレルギー症状が出ていなかったから、大丈夫ということなのかな?

病院から、再びタクシーで、今夜の旅館へ向かいました。
せっかく源泉かけ流しの温泉でしたが、それはやめといたほうが良いでしょうと言われましたが、冷やしていたおかげか、大分痛みも薄らいでいたので、温泉にはちょこっとつかりに行きました。内風呂なかったし(^^;
しかし、これがいけなかったのか、夜中は痛みと熱で眠れませんでした(><)
夜中に、フロントまで行って氷を貰ったり・・・。

翌朝の出発の際にも、再び新しい氷を貰い、道中は片足を座席に乗せて、ちょっと行儀の悪い状態で移動です。
二日目は、こちらもまさに見頃のラベンダー畑へ。

ファーム富田さんへ寄り、お弁当を食べて、ラベンダーなどの畑を見学してきました。
一面紫の花畑は、何とも言えない香りも漂っていて、癒されました♪
奥に見える山も奇麗で、言葉にならない感じです。

画像






























ファーム富田の後は、季節限定駅のラベンダー畑駅から、ノロッコ電車に乗りました。そこの待ち時間だけ、にわか雨に遭いましたが、着いた先は再び晴れていました。
次は美瑛の丘です。こちらも、色とりどりの花畑が斜面に広がって、奇麗でした~!!
広すぎて、カメラの中に写らないぐらい。
観光の時間がそんなになかったので、事前に、園内をトラックバスで巡るのに申し込んでおいて良かったです。足も痛かったし(^^;
奥の方まで回りながら、運転手さんが各花畑の花の紹介をしてくれたり、途中で写真タイムと称して、下りて花畑を撮影する時間もあったりしました。
画像


























そこから、次は旭岳へ。
富良野にいるときから、旭岳は良く見えていたのですが、雨も降ったりしたので、到着する頃には視界がどうだろうと心配でしたが、着いたら奇麗に晴れて、歩いていると暑いくらいでした。
ロープウェイで上った際に、入れ替わりに下りてきた方たちの時は、雨だったそうなので、本当にいいタイミングだったのかも。
ロープウェイも、すごく混んで乗るのに行列ができることもあるそうなのですが、この時は、私たちのツアーしかいなかったで、往復とも並ぶこともありませんでした(^^)

山頂での散策コースは、足が痛いし、時間もそんなにないし、短いコースだけで終わりにしようかと思っていましたが、せっかく来たのだからと、奥の姿見の池まで回ってくるコースをやや急ぎ足で歩いてきました。

回って正解でした。短いコースでも、たくさんの高山植物が花畑のように咲いていましたが、奥の方では、そこでは見られなかった植物や、もっと大きな花畑もあり、また景色もすごく良かったのです。
もっとゆっくり歩けたら、鳥やウサギなどを探す余裕もあったかもしれないのが残念かな?
また行ってみたい場所の一つになりました。
昨日のガーデンや、花畑も良かったけれど、こういう自然の中の花の方がやっぱり好きみたいです。
画像

































画像

































この日は、行き先も移動手段も、本当に盛りだくさんの一日でした。旭岳から下りたら、まだ日も高い気がするけれど、この日泊る旅館へ向かいます。
ここからが長く、旭岳から旅館まで2時間ぐらいあったかな? 到着したのは19時過で、すぐ夕食でした。
朝の出発は8時位だったから、12時間位、よく移動して観光した感じです。
夕食後に温泉に入りましたが、この日は氷なしでも夜眠れるようになりました。
でも、刺された足はマッサージとかできなかったので、むくみもあってかぱんぱんでした。

翌日は一番早い7時半過ぎの出発でした。
出発の時には、少し雨が降っていました。
ので、最初に寄った屈斜路湖を眺める展望台は、雨は止んでいましたが、霧が出て、視界は真っ白で何にも見えませんでした~。
なかなか霧に包まれることもないので、それはそれでちょっと嬉しかったりもしました。

あ、この日のメインは、知床観光です。
美幌峠を出たら、ひたすら知床に向かって走り続けました。途中に見えてくる山々を眺めたりしても、眠気には逆らえず、良く寝ていたような気もします。
(この日は最前列だったのに。ガイドさんごめんなさい(^^;)

そうそうこの日にようやくキタキツネを見かけました。後は、エゾジカも。
前にも来たことがある方の話によると、今回は動物があまり見られなかったとのことでした。本当に数回ぐらいしか見られなかったので、見つけた時は、車内大盛り上がりでした。

と、長くなってしまったので、知床に入る前に一時中断。

今夜、まだ外は雷がなっています。
ペルセウス座流星群、見られるかなぁ・・・・。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック